ESKO-エスコグラフィックス株式会社 - Automation Engine What's new

Automation Engine

完璧な自動ワークフロー。

Automation Engine: the perfect automated workflow

知ってますか?

Esko Share And Approveは、AutomationEngineユーザーが顧客からの承認をスピードアップすることに役立ちます。

Take control of your approval cycles with Esko Share & Approve!

Automation Engine&Device Manager 18.1.1の新機能は何ですか?


変換を必要とせず、完全にネイティブなPDFの操作をサポートするための旅で、Automation Engineには2つの新しいチケットが付属し、既存のチケットにもサポートが追加されています。改善された機能も多数あります。いくつかのハイライトを以下に示します。


PDFを最適化する

この新しいタスクは、「PDF分離の最適化」、「PDFドキュメントの最適化」、および「インクの抽出」タスクの機能を組み合わせたものです。すべての機能がまだ完全にカバーされているわけではないため、既存のチケットはそのまま残ります。このタスクはプロセッサモジュールに含まれています。

このタスクに含まれるいくつかの機能:

  • 処理ステップの作成
  • 区切りの名前変更/変換/削除
  • 分離タイプと印刷方法を設定する
  • ドキュメントのクリーンアップ
  • PDFページボックスの変更
  • PDFページボックスの概要。

ステップアンドリピートCADベース(動的)

この新しいタスクは、ArtPro +グラフィックカーネルを完全に活用し、機能的には「クラシック」なもの(ステップアンドリピートCADベース)に匹敵します。

  • ArtPro +にインポートされ、PDF +ファイルとして保存されたMFGおよびCF2構造設計テンプレート、または構造設計をサポートします
  • PDF 1upファイル(1つ以上)またはxmlジョブ/実行リスト入力を受け入れます(元のシートレイアウトの作成タスクと同じ形式、数量/繰り返し+最初のページの値のみが使用されます。複数ページのPDFファイルはサポートされません)
  • ステーションへの入力のマッチングは、CAD-XオブジェクトID(1upに存在する場合)またはサイズによって行われます。
  • デュプレックスのサポート

ReportMakerタスクでのPDF +をサポート

ReportMakerタスクは、入力としてPDF +ファイルをサポートするようになりました。 ReportMakerレポートは、これらのファイル(インク/バーコード/外部参照...)から情報を抽出し、3Dプレビューを生成できます(PDF +ファイルに3D情報を含むCAD参照が含まれている場合)。


ネイティブPDFのファイル情報の改善

PDF +ファイルでファイル情報を使用すると、処理ステップが認識されるようになりました。


新しいトラップチケット

ArtPro +の新しいトラップアルゴリズムを利用して、よりスマートな決定を行い、審美的に正しいトラップを生成します。この独自の機能は、ユーザーの手動による介入が少なくて済み、初めてのトラップで増加します。このチケットは、新しい特許取得済みのオブジェクトベースのトラップタグも尊重し、その結果、ユーザーはトラップ時に70%の時間を節約できると報告しています。


自動製版モジュール

自動製版モジュールは、LENファイルのトリミング、拡張、およびマージを自動化し、製版プロセス用のファイルの準備に費やす時間を削減します。

  • 次に、サードパーティのFlexoCTPデバイスを自動TIFF出力に接続します。 TIFFデバイスのパラメータを設定するにはCDIが必要です
  • 新しいマージアルゴリズムでプレートの無駄を減らします。この新しい機能は、プレートラベリング機能を使用する際の無駄を最小限に抑えるために考案されました。
  • 今後のCDIOptics100スピードモードのサポート

その他のハイライト

ギャングラン印刷 | オフカットのサポート

ギャング実行キューで、オフカット領域を作成する方法を定義できるようになりました。ネストされたレイアウトに、定義された最小サイズよりも大きい未使用の領域が含まれている場合、オフカット領域が定義されます。このようなレイアウトが「ネストされたレイアウトのエクスポート」タスクで処理されると、余分なカットラインが追加され(オフカット領域をカットするため)、オフカット領域のXML定義が生成されます。このXMLファイルは、「XMLからシートサイズをインポートする」タスクで使用できます。

連続印刷

SmartFlapping操作(表形式のテンプレートベースのS&Rおよびシートレイアウトの作成タスクで暗黙的に)を「連続」モードに変えることができるようになりました。このモードでは、レイアウトが無限に印刷されることを考慮してブリードが調整されます(ウェブ方向=垂直)。ステーションの一番上の行と一番下の行は、レイアウトの中央の行と同じブリード調整を取得します。

'

色付きの付箋

事前定義されたパステルのリストから、付箋の背景色を選択できるようになりました。その次に、一般的な付箋に、さらにいくつかのマイナーな改善が行われました。

PitStop2019のサポート

「PreflightwithPitStop」タスクは、お客様がリリースした最新のPitStop2019テクノロジーに基づいています。

ラベルの自動化エンジン

  • HTTPSサポート。 HTTPS接続を適切に設定するには、認識された認証局からの公式SSL証明書が必要であることに注意してください。
  • ダークモードのサポート

CAD用オートメーションエンジンコネクト

新しいタスク「印刷アイテムをARDとしてエクスポート」および既存のタスクに対するいくつかの拡張機能(「ArtiosCADデザイン情報のエクスポート」など)が追加されました。これらのタスクはEskoSolution Architectsによって設定されているため、より多くの情報は、そのチャネルを通じてのみ入手できます。


そして最後に、このリリースでは、Automation Engine CloudConnectorが利用可能になりました。 この機能により、複数のオートメーションエンジンが、Eskoクラウドを介して相互に通信できるようになります。利点は次のとおりです。

  • ジョブデータとファイルを他の場所と共有する
  • 余力のある場所で生産能力を活用する
  • 他の生産拠点で技術とスキルを活用します。

Automation Engine Cloud Connectorは、サブスクリプションを通じて利用できることに注意してください。

Automation Engine18.1の新機能


ArtPro +からのPDF +マークとグリッドのサポート強化

  • PDF +ダイナミックマークは、ArtPro +で作成されたPDFドキュメントです。これらは、動的マークの追加タスクまたはステップ&リピート(動的)タスクで使用できます。
  • PDF +ダイナミックマークとDeskPackのダイナミックマークを、タスクで一緒に使用できます。
  • PDF +マークは、PDF +グリッドやSRTグリッドを含むすべてのページボックスまたはS&Rグリッドに配置できます。
  • 次のような新しい18.1アクションを利用するArtPro +で作成されたPDFアクションリストを適用します。
    • ストロークオーバープリントを設定する
    • ストローク幅を設定する
    • レイヤーの並べ替え(レイヤーを上下に移動)
    • バーコードを更新する
    • リンクされた画像を更新する
    • リンクされた配置アートを更新する
    • 更新マーク
    • CMYKに変換

お気に入りを整理する

  • その特定の(ワークフロー)チケットを探すのに、時間を無駄にすることはもうありません
  • ニーズに合わせてワークフローを分類します
  • お気に入りのチケットのグループを作成し、すべてのユーザー間で共有します

「WaitforAction(Checkpoint)」タスクでワークフローパラメータを変更する

  • To Do –メッセージに独自のパラメータを追加する
    • チェックリストを追加する
    • ドロップダウンメニュー項目を追加する
    • ワークフローパラメータの更新/変更
    • コメントを追加
    • ファイルやWebページへのリンクを追加する
  • これらのオプションの任意の組み合わせを使用して、ワークフローを正しい方向に向けます。
Change Workflow Parameters

「ArtiosCADレイアウトの作成」タスク

今日まで、ユーザーは次の目的でいくつかのネストされたレイアウトを手動で作成する必要がありました。

  • 無駄が少ないものを選んでください。
  • コストのより正確な見積もりを提供します。

タスクは自動的に

  • ネストされたレイアウトが異なる複数の繰り返しファイル(MFG)を作成します。
  • ビジネスシステムに送信できるレポートファイルとプレビューファイルを作成します。
Create ArtiosCAD Layouts task

構造ファイルのロードタスク

9点配置を使用して、選択したページボックスではなく、構造設計ファイルをグラフィックファイルに位置合わせできるようになりました。垂直方向に上/中央/下に、水平方向に左/中央/右に揃えます。

Load Structural File task

ギャングラン印刷の改善

  • ギャングラン印刷機能の柔軟性を高める
    • 素材サイズを選択するためのその他のオプション
      • 通常、端材が最初に使用されることを確認するため
    • ワンアップの順序を制御するためのより多くのオプション
    • すでにキューに入っているワンアップのパラメータを編集する
    • ワンアップを別のキューに移動する
  • ユーザーエクスペリエンスの向上
    • すべてのサブストレートキューのエントリを、1つのリストに表示する追加の概要
    • 「レイアウトの表示」モードの2つの新しい列(基板キュー、注文ID)
    • 「注文」ビューの新しい列「数量」(Kongsbergのデバイスマネージャー)

Esko Share&Approveと統合する

  • 顧客とファイルを簡単に共有する
  • AutomationEngineワークフローから承認プロセスを自動的に開始します
  • 承認プロセスが完了すると、ワークフローが続行されます
  • ワークフローの決定ポイントは、次の行動方針を決定できます

これらのタスクでは、Share&Approveサイトにアクセスするために、Share&Approveアカウントが必要であることに注意してください。

Integrate with Share and Approve

その他の改善

  • 改善されたVDPサポート
    • よろめきサポート
    • VDPジョブの処理効率の向上
  • AutomationEngineはWindowsServer2019と完全に互換性があります

ご注意ください

  • このリリース以降、これらのタスクは「古くなった」と宣言されます。
    • Nexusに送信
    • Odystarに送信
logo esko neg
お問い合わせ